スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校のとき、夏休みの宿題で読書感想文があったが

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

514 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/30(金) 20:05:23 ID:x1a8XtLj
小学校のとき、夏休みの宿題で読書感想文があったが
6年生の時に書いたのが、何故か優秀作品に選ばれ
市が発行している「読書感想文優秀作品」の文集に載り
金賞を受賞した。(最優秀作品ではない)

ちなみに題材にしたのは「鹿児島・甑島にあった軍用犬養成所」の話
人だけでなく犬も戦争の犠牲になった。って感じで感想文を書いた。

9月になり市の外郭団体が「優秀作品を書いた人に表彰を出す」
と言うはなしを聞き、日曜日に文化ホール(コンサート会場みたいな所)へ出かけた。
「表彰と記念品を貰いに行く」と言う感覚で出かけたら
実は立派な式典で、一人一人名前を呼ばれ壇上に上がり表彰を貰う。
偉いさんのお話もある。そんな感じだった。

表彰後、俺を含め3人ほどステージ上に残り
あれこれインタビューを受けた。
「この本はどうやって見つけましたか?」 『学校の図書館で戦争物を探していて…』
「犬が可哀想ですね」             『ウチも犬がいますが…』
「戦争は嫌ですね」              『戦争の無い時代で良かったです』
「将来は何になりたいですか?       『海上自衛隊に入って船に乗りたいです』

あとで知ったのだが市の外郭団体=プロ市民の巣窟だったそうだ。
スポンサーサイト

友人にオーストラリア人と日本人のハーフがいる。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

496 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/30(金) 18:29:08 ID:4sqYFZzH
友人にオーストラリア人と日本人のハーフがいる。
見た目はまんま白人でイケメンなのに、ひょうきんというか三枚目。
本人は産まれたときから日本にいるのですごく流暢な日本語を話す。
でも時々外国人旅行者の真似をする。今日もやった。

場所は電車の中。途中の駅で乗ってきた少年少女らが乗降口の前で宴会を始めた。
文字通り宴会。通路にお菓子や缶コーヒーを置き、哀れな日本語で盛り上がってる。
格好はその殆どがウンコ色でボサボサの髪、スエット、男も女もキティちゃんサンダル。
この時期にサンダルは寒くないか?とかなんで皆で全く同じ格好してんだ?とか
突っ込みどころが沢山あったが、関わるとキレるかもしれないので怖いから無視してた。
そしたらハーフが急に、
「Hey,Yoshi…. Is that a japanese NAMAHAGE? Are they NAMAHAGEs? Wow, what a day! NAMAHAGE yeah!」
とクレッシェンドを効かせながら喋りだし、しまいには指差して狂喜しながら
「NAMAHAGE! NAMAHAGE!」を連呼して騒ぎ出した。
ビビッたのは俺だけじゃなかったが一番驚いたのはNAMAHAGE達だったようで、
そそくさと荷物をまとめて他の車両に移っていった。
周辺からは「ナマハゲ…w」と押し殺した笑い声が聞こえるなか、ハーフは
何事もなかったような顔で鼻くそを掘るジェスチャーをしてた。何故か俺が恥ずかしかった。
暫くした後に連結器から隣の車両を覗いてみたら、NAMAHAGE達は今度は普通につり革に掴まってた。
ハーフいわく、「理屈の通じなさそうな日本人は外人の真似が一番」だそうだ。
ちなみにハーフは外人の真似をするときいつも俺をYoshiと言うが、これは俺の本名にかすりもしていない。


>>502
あそこまで白くないけど系統はウエンツ系かな。やせてるし整った顔してるし。
でもいつも変顔ばっかしてるから女性に恋愛対象として見られてないっぽい。
ちなみに俺は地が変顔だから女性に恋愛対象として見られてないっぽい。

長文な上に読みにくいが聞いてくれ。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

456 名前: 1/3 [] 投稿日: 2009/01/30(金) 16:21:33 ID:LbD3KD2D
長文な上に読みにくいが聞いてくれ。

当方岩手出身。高校生の時、町でエルダーソフトボールの全国大会が開かれることになり、
当時吹奏楽部だった俺たちが開会式の入退場の曲を演奏することになった。
大会前だし正直迷惑だったのだが、他にも野球部やソフト部の連中も狩り出されていた上、
町の方からも「どうしても」とお願いが来たので仕方なくやることになった。

しかし本番前日になってビックリ。町からのアクションが何もない。
楽器運搬用のトラックも出してくれず、仕方なく顧問と一部の役場職員(吹奏楽部OB)たちの車で楽器を運搬する羽目になった。
チューバも打楽器優先で車に乗れず、仕方なく俺は球場まで楽器を手に持って往復一キロぐらいを歩いた。
男が俺しかいなかったので何度も学校と球場を往復したのだが、今度は町の方から『時間が押している』と小言を言われ、
リハーサル練習すら満足に出来ずにグラウンドを追い出された。

楽器の置き場所も何も決まっていなかったらしく、本部席の二階の用具置き場を貸してやるからそこに楽器を置けという。
この本部席というのも曲者で、町の名産である日本酒の仕込みに使う酒樽を模しており、非常に狭い上に螺旋階段で足場も悪い。
用具置き場にはラインカーやら綱引き用の綱などが放置されていてとても楽器が置けるような状態ではなかった。
結局どうしようもなくなって、砂粒で楽器をキズだらけにしながら無理やり詰め込んで帰ってきた。

もうこの対応だけで若干頭にきていたのだが、次の日本番はもっと驚いた。
野球部・ソフト部連中が着ているスタッフジャンパーすらなく、そのくせ演奏にやたら注文が多い。
あとでわかった事だが、野球部やソフト部連中は他にもジュースやら記念タオルやらを貰い、
校長経由で手厚く礼を言われたそうで、俺がそのことを言うと派手に驚いていた。
一方俺たちはというと、開会式中も町の方からアナウンスとか紹介なんかもなかったので、
会場全体がるで俺たちが勝手に押しかけて演奏しているような微妙な雰囲気になった。

結局、町から『ありがとう』の一言もないままに一切が終わってしまい、
俺たちはまた往復一キロの道を何度も往復して楽器を片付けることになった。


もう俺は完全にキレた。と言うのも小学校のときにも同じようなことがあったから。
98年の国体のとき俺は小学生で、ソフトボール全国大会の開会式で神楽を踊ることになった。
しかし本番当日は炎天下で、何十にも着物を着ている俺たちには地獄だった。
俺たちがグラウンドに整列すると、突然そこで町の紹介のアナウンスが始まった。
しかもその後に町長からのクソ長い挨拶があり、俺たちは炎天下のグラウンドで三十分以上放置された。
数人が熱射病で倒れてもまだアナウンスは終わらない。結局、会場の観客が派手にブーイングしてくれたおかげで
アナウンスは打ち切られたが、結局四、五人が熱射病で倒れ、二ヶ月間の成果を出せないまま帰らされた。
俺も軽く脱水症状になっていたんだが、その後始まった開会式で、同じように熱射病で倒れた選手団が
いの一番に救急車で運ばれていくのを見て悲しくなった。最終的には救急車が足りなくなって消防団の車まで来た。
一方、倒れた小学生たちは医務室に運ばれることもなく、結局「早退」ということになったらしい。
ことは有耶無耶にされ、町からはやっぱり謝罪の言葉も感謝もなかった。

うすら10年経っても変わらない町の対応にキレた。もうアレはキレた。
何とか抗議してやろうと思ったが、顧問に言っても軽くあしらわれるのがオチだと思って、町役場の掲示板に目をつけた。
当時この掲示板は『より幅広く町民の意見を聞く』という名目の元、結構真摯な意見が寄せられていた。
ここなら町に住んでる人々が結構見るだろうし、文書なら一応クレームでもちゃんと対応してくれるだろうと。
俺は事の次第を細大漏らさずまとめた上で町の対応を厳重に非難し、冷遇された吹奏楽部に対する謝罪を求めた。


次の日、親父から「お前町のHPになんか書いたべ?」と言われて驚いた。
開会式に出席していた近所の人が俺の告発の書き込みを見て町に抗議してくれたらしい。
「あんな風に冷遇するなら、もう地元の学校に協力なんか仰ぐな。全部自前でやれ」ってな感じで。
「なんで俺ってわかった?」と親父に訊いたら、「あんなことをするのはお前しかいない」と言われて吹いたがw

高校の方にも多数電話が来たらしく、高校でも犯人探しが始まったようで、ほどなく俺は呼び出しを喰らった。
呼び出される筋合いなんてないと思ったが、顧問(女 30代)も被害者だと思い直して顧問の所に行った。
んでその顧問が何を思ったか、開口一番に「あれを見て役場の方々もショックを受けて……」とかのたまった。
俺はまたもブチキレて反論した。

「何を情けないことがあるんですか? 私は10年前にも同じように町から冷遇されました。
我々は開会式の成功のために必死で練習してきたのに、町の方が我々に応えなかったのはおかしい。
子供を大事にしない役場の人間に、告発文のひとつやふたつを見てショックを受けるほど豊かな心があるのか。
先生は悔しくないんですか? 私は正直悔しいし、二度と吹奏楽部として町の式典には出席しません」

大体上記のようなことを言ったら、顧問も「わかった」と一言だけ言ってその日はお開きになった。
顧問も悔しくないはずがない。素人なのに一ヶ月前から指揮の練習してたのは誰もが知っていた。
帰り際、「あの後、ウチの高校のOB経由で、役場から謝罪の言葉があった」とポツリと言われた。

今ではあの高校を卒業して二年になり、顧問も幸せな結婚をした。町の方も合併してなくなった。
おかげで高校の後輩たちも町主催の式典に狩り出されることもなくなったと思う。
プロ市民っぽい手だし正直武勇伝でもなんでもないが、このスレ見ててふと思い出したのでカキコ。

お母さん、私、子供の頃におばあちゃんち行くのすっごいイヤだった。

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

211 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/30(金) 23:13:05 0
お母さん、私、子供の頃におばあちゃんち行くのすっごいイヤだった。
おばあちゃんは私たちには優しかったけど、お母さんのことすごいイジメてたよね。
おばあちゃんもお母さんも隠してたけど分かってた。おばあちゃんのことは今でも
嫌いだよ(おばあちゃんは鬼籍)
子供は分かってるんだよ。もうやめなよ。

…と、当時高校生だった義妹が言ってくれて、トメの嫁イビリはなくなった。
トメも「自分がイビられて辛かった。何で自分だけという気持ちと、息子を取られた
ような気持ちがあいまってつい…。でも私がイビられてた時はあんなに辛かったのに
そんな辛い思いを人にさせてたなんて、最低だ。ごめんなさい」と謝ってくれた。

当時子供が生まれてまもなくといった所で、義妹ちゃんも「この子にあんな思いをさせ
たくない」と思ったらしい。
イビリはどこかで断ち切らないと子々孫々まで根深くイヤな思いを残してしまうんだな。
今ではかなりのおばあちゃんっ子に育ってます。

うちの嫁いびり大好きクソトメと、エネ全開の義兄。

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

202 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/30(金) 21:59:01 0
うちの嫁いびり大好きクソトメと、エネ全開の義兄。
私はほとんど寄り付かないんだが、義兄嫁は気が弱い事もあってちょくちょく奴隷しに行く。
先日の法事の際、義兄とトメが同居の話をはじめ、
私は無表情の義兄嫁を見つつオロオロしてた。
ここは私が勇者になるべきか、なんて言おうか、って考えてたら、
トメが義兄子に「孫ちゃん、ここに住んでも小学校変わらないから良かったね」と言った。
そしたら義兄子「え?でも○○の家は?」
トメと義兄笑いながら「あっちのお家は売って、ここに住むんだよw」
そしたら義兄子が「えー!絶対ヤダッ!!」
トメ慌てて「だから、小学校も変わらなくていいんだから!」と言うが、
義兄子はかたくなに「ヤダ!ここはヤダ!」と言い張る。
義兄が「どうしてそんな事言うんだ?ここは広いしおばあちゃんも一緒に居られるんだぞ?
何が嫌なんだ?わがまま言って…」
そしたら「おばあちゃんはお母さんいじめるからイヤァァァァ!!!!!」ぎゃん泣き。
「○×君は○○のおうちでお母さんとしゅむーー!」とパニックの余り赤ちゃん言葉混じりに…
義兄怒って「○○の家はお父さんが居ないと住めないの!
何わがまま言ってるんだ!おばあちゃんがかわいそうだと思わないのか!」
「おとうしゃんが一人でここしゅめばいいいいいい!!!
○×君は△◎(兄嫁実家)のおばあちゃんちにしゅむからいいいいいいい!!!
やだあああああああここやだあああああああああああ!!!!
おとうしゃんいらない!!おかあしゃんと居る!!!!」
トメ「孫ちゃん!!バァバと一緒に住むの嫌なの!?どうして!」
「嫌い嫌い嫌いバァバ嫌い!!!!」
義兄嫁が子供を抱きしめて「お母さんは○×君とずっと一緒に居るから安心してな。
ここには住まないから。ね?いいよね?」義兄子頷く。
トメは「嫁子が一体孫に何を吹き込んだんだ!!」って切れたけど、
義兄は真っ青な顔で唖然としていた。
私がとりあえず義兄嫁と義兄子を連れ出したが、ずっと義兄子は泣いていて、
「お母さん、△◎行く?行く?ねえ?」と言ってた。
義兄一家はトメ宅から離れた所に引っ越す予定を立てているらしい。
無事エネを脱却しそうです…

うちのトメは、みんなで出かけたときに

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

169 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/30(金) 17:17:17 0
うちのトメは、みんなで出かけたときに
「嫁子さん、疲れたでしょ。休みたいでしょ」と自分が休みたいときに
人のせいにして休む、という癖がある。
お正月に義実家に行って、みんなで初詣に行ったときも
「嫁子さん、疲れたでしょう。今の人はあまり歩かないものね。
便利な世の中に育っているから」とはじまったので
「いえ、私はぜんぜん疲れていませんよ。ふだんからできるだけ歩くようにしているので
これくらい平気です」と言った。
それでもトメは「そう?でも顔が疲れているわよ。」としつこい。

ウトが「お前が休みたいんだろう!休みたいならそう言え。
人を出しにするな」と言ったら、トメは「私は別に…」と不満そうなトメだった。
でもウトが「それならまだ休憩はしない。」と言ったら慌てて
「ちょっと休ませて…」
「最初からそう言えばいいんだ」と言うウトがまぶしく見えたw

最寄り駅の通勤・通学路にある信号のない横断歩道。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

441 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/30(金) 07:15:41 ID:p4odk16e
最寄り駅の通勤・通学路にある信号のない横断歩道。
片側一車線で、一方はいつも渋滞しているが、もう一方の交通量も多くて、朝、なかなか渡れない。
毎朝、リーマン・学生達が、車が途切れるのを待ってイライラしている。

そこへ、角刈り、グラサン、革ジャンの親父登場。左右も見ずに、横断歩道へ。
タイヤをきしませて、軽自動車が急停車。運転手はOL風。
親父は軽自動車の前に仁王立ちで、運転手にガン付け。運転手はペコペコ頭を下げる。
親父がガン付けてる間に、リーマン・学生ゾロゾロと横断終了。
それを見届けた親父、ガン付けたままゆっくりと退場。

毎朝、ご一緒したいと思った。

バスの乗ってたらDQN風の男子高生がワル自慢始めた。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

434 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/29(木) 22:56:09 ID:ug9cB1Jj
バスの乗ってたらDQN風の男子高生がワル自慢始めた。
万引きの話になって「俺ヨユーだし」とか意地の張り合いが始まった。
途中で1人が「俺○○(服屋)ではかなり成功したし」とか言い出した。
まわりの奴らは「あそこは無理」とか「嘘つくな」とか言って否定した。
そしたらその馬鹿はムキになって「嘘じゃねーし!」とか言って
なんかあの売り物の服とかに付いてるプラスチックっぽい変なのを取り出した。
名前はよく分からないけど会計の時に外されるやつ。おそらく盗難防止用?
それを証拠として鼻を高くしたDQNだったが、そいつらの前にオッサンが
ひょこひょこ出てきて「盗っちゃ駄目でしょ~」と言った。
ちょっとビビッたっぽいDQNだったが、「は?しらねーし氏ねし」とか反論した。
で、「お前何様だ?」とか言ったらそのオッサン、「俺?警察なんだよw」と。
その後はバスの中にDQN高校生withオッサンを中心とした微妙な空気が流れれ、
途中のバス停でDQNはオッサンに促されて降りていった。
後はどうなったか知らね。でも高校生が暴れずに大人しくなってて良かった。

この前、合コンでボクシングをやっているという奴がいた

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

422 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/29(木) 19:06:55 ID:BnpxVgHL
この前、合コンでボクシングをやっているという奴がいた
ミニマム級とか言っていた
女の子達は「何ミニマムって?」と怪訝な顔で小声で囁きあっていた
そのミニマム野郎が嫌がっているのに一人の女の子にしつこく触ったりしていた
仲裁に入った俺に絡んできた
どうにもならんと思い、ど素人の俺だがローキックをはなった
ちょっと騒ぎになれば店の人も止めにくるだろうと思ったからだ
素人がボクサーとケンカして勝てるわけがない
しかしなんと!そのローキックがミニマムのこめかみにクリーンヒットした!!

泡を吹きながら救急車で運ばれるミニマム
その後、警察が来て子供に酒を飲ませたのは誰か
という事になったが、「ああ見えて大人なんですよ」という説明で警察は帰った
ちなみに俺のローキックは正当防衛ということが認められた

話の流れを完全にぶった切って非常に申し訳ないが、ちょっと聞いてくれないか?

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

417 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/29(木) 15:33:56 ID:D1Ig0qiC
話の流れを完全にぶった切って非常に申し訳ないが、ちょっと聞いてくれないか?
父と母と私で近所のスーパー銭湯みたいなとこ行った。
流石に正月終わりだという事で混んでて、子供連れとかがごった返してた。
身体洗う場所が空いてない位。 で、やっとこさ場所が空いて、母と私が座ろうかと言う時。
バッシャーッ!! って後ろからシャワーのお湯が降ってきた。
そこら周辺の人、もうびっくり。
で、犯人誰じゃと思ったら、赤ん坊だった。 1歳になるかならないかくらいの。
で、親も必死でシャワー止めて、謝罪したんよ。
元気のいい子供だなぁと思って母と私はそのまま身体洗う場所につこうとした。
しかし、端っこにいた1人のババアが、大声で。
「謝らんかいこのボケがぁ!!」 的な汚い言葉を吐いた。
で、赤ん坊の親が何回も謝るけど、そのババアは言うんです。
「子供が悪さしたら普通謝らせるのが親と違うんか!? ああん!?」
とか汚い言葉でその親子にいちゃもんつけるんです。 確かに、言ってる事は間違っちゃいないんだけど、赤ん坊よ?
ババア、完全に頭に血が上ってるの。 もう見てらんない。
ブチ切れた母と私は、咄嗟にババアの横で言ってやった。
「赤ん坊がそんな事、分かる訳ないよね。 大体、何回も(赤ん坊の)親が謝ってる」
母が言葉のカウンターパンチ。 言葉に詰まるババア。そこで私が続けて言う。
「第一、子供って悪戯とかするほど元気なくらいが丁度いいんだよ。 そんな事、子供のいない若者でも分かるんだよ。 あ~あ、年取ってもこんな大人になりたくないねぇ」
それでも活きのいいババア、今度はこう言うんです。
「後ろ向いた状態で分かる訳がないやろ! ●×△…」
頭に血が上ってて、言葉になってないんですが、文章にするとこんな感じ。
そこでまた私はブチ切れですよ。
「後ろ向いた状態で分からない? それってつまり、聞こえないし見えないって言いたい事?」
もうここまで来ると、私の頭は完全に冷えてる。
「なら耳鼻科と眼科に逝けよ」
睨むババア。 しかし、私の眼力はそこらへんのチンピラより目ツキが悪く、目が据わった状態で睨みつけると、そそくさと退散していきましたとさ。

普通のリーマン家庭のはずなのに後継ぎや名前を残すことに異常に固執している姑。

勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其137 より

608 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/29(木) 22:18:24 0
普通のリーマン家庭のはずなのに後継ぎや名前を残すことに異常に固執している姑。
旦那は3人兄弟(長男40近いヒキニート・次男旦那・三男既婚小梨)で、私の家がやっている
店で働きつつ将来は継ぐ予定です。
妊娠中のおなかの子が女の子だと分かり、「女しか産めないなんて役立たず」「男の子を
産んでこそ、ご先祖様に面目がたつというもの」とグダグダ言ってきました。
「産むだけならトメさんも男の子3人も産みましたけど、結局○○(旦那実家苗字)家は
このままだと根絶じゃないですか。ご先祖様wにお詫びしてこられたらどうです?w」
と言い逃げてきました。胎教に悪いしね、あの家。
三男さんは姑が「3人目は予定外だったからお金がない」と中卒にしようとしたところを
いい担任に恵まれてギリギリで高校の卒業資格?を得ることができた(詳しくは聞いてない
のであやふやでスイマセン)との事で、子供を作る金銭的&精神的余裕がなくて小梨決定らしい。
まさに お 前 が ○○家を潰したんだよババァ!!!

アレルギーネタなんですが。

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

130 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/30(金) 09:11:59 0
アレルギーネタなんですが。
トメはここにもよく居る「食べさせれば治る」と言い張る人。
何度か混入されそうになったが完全に阻止したために
発作を起こした時の姿を見ていない。
夫が〆ればデモデモダッテ~昔はこうで~ウダウダ~と泣き、
私が〆れば怒り狂う分かりやすい婆さん。
困って医師に相談したら「ん~困った婆さんだねぇ。一回連れて来て」との頼もしいお言葉。
wktkでトメを連れて行きました。
口から先に生まれた、と言われるトメ、ここぞとばかりに持論をぶちまける。
すると「そうですね、じゃ好きなだけ与えてもいいですよ」と医師に言われ、
私はポカーン、トメはキラッキラの勝ち誇った顔でこっちを振り返った。
医師は続けて「健康な子供を数人育てただけのあなたの考えの方が
何十万件の症例を見てきた私より勝ってると思ってるのならそうしなさい?」
トメ、なんだか釈然としないような顔だったが、その後トメのみ別室へ。
「お母さんは先にお帰り下さいね~」と看護師さんに言われ、
今度は私が釈然としないうちに帰宅した。
数時間後、ヨレヨレになったトメが家に来て
「私間違ってたわ…ごめんなさい…」
再びポカーン。そして息子の所に行き泣きながら
「ごめんね、ごめんね、もうばあちゃん悪かったんだよ、ごめんねごめんねごめんね…」
夫が帰ってきたら私たち夫婦に土下座しながらワンワン泣いて
「これからはいいおばあちゃんになる」と約束して帰って行った。
後で病院に電話して聞いてみたら、
「アレルギーに無理解なおばあちゃん講座」とやらに、トメs3人で参加させたらしい。
「何十万件の症例」を詳細に、写真や映像や死亡率(!)を数時間にわたって叩きこみ、
最後に「あなた方のした事はこれです。
それでも自分の楽しみの為にアレルゲンを与えたいのなら、
死ぬまであなた方は孫に会えません、
なぜならその時にはすでに孫はこの世から居ないでしょうから」
看護師さん、「あんなの見させられたら誰でもかわりますよ~w」って笑ってた。
プロすげぇ…

中学時代、俺は不良でした

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

396 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/29(木) 08:35:28 ID:o4ouiq4d
中学時代、俺は不良でした
高校受験の結果を父さんと見に行ったら、不合格。
「○○さん家の息子さん、大丈夫かしら笑。相当アレですものね~笑」

まわりからの冷たい視線、
ライライライライライライライライラ。

そういう我が家を馬鹿にしてきた親達、の代表的な奴の息子の夢は野球選手。
もちろん、無理だったそうですが。

そんな俺は、一応某アーティストとして今年からインディーズからメジャーデビューするまでに成功できました。

父さん、俺はヤッたよ!


亀田親子ですか。そうかもしれないですね

残念な事に父さんもういないです。


朝から釣れたぜwww

8階でエレベーターに乗った。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

335 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/27(火) 20:46:22 ID:74rq5z/W
8階でエレベーターに乗った。
6階レストラン街で酔っぱらったサラリーマン3人が乗り込んで来た。
そのうちの一人が横柄な口調で、操作パネルの前に立っている俺に向かって、
「おい、1階な」
と言い捨ててエレベーターの奥に入って行った。人を押しのけて。

ここで事を荒立てれば、エレベーターに乗り合わせた総勢10人が
みんな嫌な思いをする。そう思った俺は、精一杯の笑顔とほがらかな裏声で
「1階かしこまりましたァ」
の声と共に「閉」ボタンを押した。
エレベーターの中はクスクス笑いとサラリーマンの苦笑いで一杯になった。

誰も嫌な思いもせず、和やかな気分を詰め込んだエレベーターは、
無事に1階を素通りしてB2階に到着した。

「おいしい?」って聞かれた時に、

勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其137 より

578 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/29(木) 08:26:49 0
「おいしい?」って聞かれた時に、
「好き嫌いはないです」って答えたことがあった。
初めてトメのマズ飯を食べさせられたとき。
夫に話は聞いていたのですが、実際、夫は食事を「栄養素」としてしか捕らえられない人だった。
魚・肉→蛋白源
野菜→いや、人が食うもんじゃないし(生を除くwww)
好きなものは白米と果物、と言うのが納得の行く食事だった。

そのとき、ウトの一言が強烈だった。
「うまいはずがないだろ、まともな人だったら」
後で聞くと、ウトが食事に文句を言ったのは後にも先にもこの時だけだったそうだwww
(すでに鬼籍)

近距離別居のトメが自治会のことでウチに来たとき

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

107 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/27(火) 17:06:09 0
近距離別居のトメが自治会のことでウチに来たとき
5年生の長男が放課後友達を家に呼んで遊んでいた。
トメが「今日はおばあちゃんも友達も家に来たんだから
今度、宿題に作文が出たら今日のことを書きなさい。
わかった?」と長男に言った。
長男が「思い出したらそうするよ」と答えたら
トメは「どうせアンタはまたおかしな作文を書くんでしょ。
今度私が作文の書き方を教えてやるよ。
私は先生だったんだから、私が教えたら少しはマシな作文になるよ」と言った。

長男の友達が「長男君は、作文がすごいんだよ。
先生からいつも読まれるし、みんなそれを聞いてすごいすごいと言うんだよ」と言った。
トメは「この前のオープンスクールで貼っていたのを読んだけど
皆はどこかに出かけたことなんかを書くのに、この子は「寒さについて」という
おかしな作文だったよ。あんなのは作文じゃない」と言った。
友達は「長男君は哲学的なんだよ。あんな作文は他の人間は書けないんだよ」と
力説してくれた。
トメは迫力に負けたのか「アンタは優しい子なんだね」とそれ以上は言わなかった。

直接の知り合いでは無いけど、トメの同僚さん。

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

105 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/27(火) 16:30:06 0
直接の知り合いでは無いけど、トメの同僚さん。

「(私だったら)トメさんが仕事帰りに(家主不在中に)夕飯の用意して掃除してから帰ってくれたら、有り難いんだけどなー」
などとのたまうトメだが。

ウチの1年近く前に結婚した同僚さんが、
「新居の合い鍵を請求しない」
「新居に突撃しない、もちろん、勝手に上がってはいけない」
「新居の台所は息子嫁の聖域なので、絶対に近付いてはいけない」
「掃除の仕方もインテリアも息子夫婦の家なんだから、自分の好みについて語ってはいけない」
と耳タコになる程トメに言いまくっているそう。
(どうも同僚さんのトメがそういう人らしく、「こんな奴は嫌われる!」と息巻いているそうな)

おかげ様で、私は
「そういうものらしいから、私は(したいけど)何もしないわw」byトメ
と言ってもらえた。


GJありがとうございます。

スレチですが、その会話を再生した上で、私に
「若い人って分かんないわねぇ。ね?」
って同意を求めるので、分かってるんだかどうなんだか。
とりあえず、旦那も「絶対に合鍵なんぞ渡すか!」と言ってるので不法侵入の心配はナサゲです。

家はそれが実母なんだよなぁ…

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

99 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/27(火) 12:56:48 0
家はそれが実母なんだよなぁ…
兄嫁付き合って4年、26歳で結婚を
「付き合いが短い、周りが結婚して慌ててムチュコタンをせっついたんじゃないの?」
私付き合って2年、29歳で結婚
「気持ちが盛り上がってる時に結婚っていいわよね。今時40過ぎから晩婚って言うわよね」
選択子梨兄「産めないんじゃないの!?病院行きなさい!いい年して!ムチュコタンは健康よ!」
不妊私「今は何歳でも産めるわよ。子供が居なくても夫婦で幸せならいいのよ」
兄娘誕生「まーしょうがないわよ。次は男の子ね!」
私娘誕生「女の子っていいわよー、お洋服も可愛くって!後継?長男?今時そんなpgr」
兄嫁ミルク「母乳が出ないなんて母親失格!」
私ミルク「いつでもどこでも授乳出来るから便利よね」
いつでもこうで、何度も何度も怒ってるのに全く本人気が付いてない。
「そんな事言ったかしらぁ?」って、演技だとしたらすげーなって位ポカンとする。
兄嫁に録音する様に言ってるけど、ばたばたしてるとつい忘れるとか。
かわいそうなのでこっちが縁切ることにしたよ。
兄たちにも娘がかわいいなら逃げれって言ってる。
その内うちの娘にはお年玉、兄娘には飴ちゃん、なんてするかもしれない。
元々悪意のない嫌味をよく言う人で、結構嫌な思いした事もあるし、
母親がダブスタ嫁いびりしてる所なんて見たくないし…
夫がうらやましいよ、いい母親持って。
嫁も娘もちゃんと同じように接してくるし、ダブスタもしないし。

うちのトメのダブスタ

義理家族に誰かが言ってスカッとした一言 その2より

96 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2009/01/27(火) 11:00:43 O
うちのトメのダブスタ
・息子が育児手伝う→息子コキ使いやがって!嫁ムカつく
・娘の婿が育児手伝う→当たり前でしょ、これくらい


実の娘(義理姉)から「お母さんも、お父さんにうちらの弁当作らせてたり掃除させてたのに、なんで?父親も育児参加しろ、って散々言ってたじゃん」
実の息子たち(旦那と義理弟)からも
「俺たちは、嫁と一緒に子どもの成長を見たいから手伝いするのは当たり前だと思ってる」
そして実子3人から「嫁いびり」認定された上、変な差別意識を子供たちに植え付けるから、
みんな揃ってトメとは会いたくない、と言われて、トメ泣いてたな。


私や義理姉の旦那、義理弟嫁に助け求めてきたけど、
「今まで悪行重ねてきた結果ですよ、お母様(ニッコリ」とばっさり切り捨ててきた。


「嫁いびり、婿いびり」認定でしたわ。

お婿さんにも「アンタこんなこともできないの?○○ちゃん可哀想!」
とか平気で言ってたりしてたし。


実際はものすごいいいお父さん、旦那さんなのに。

ドラマの銭ゲバをみて思い出した話。あんなに可哀そうではないけど。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

328 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/26(月) 22:00:44 ID:m8tWZKD0
ドラマの銭ゲバをみて思い出した話。あんなに可哀そうではないけど。
中学1年の春の体育祭の時。私とМちゃんはみんなが校庭にいる中、さぼって教室にいた。
2人とも運動が得意ではなく、教室の隅でしゃがみ込み学校の事やテレビの話を
ひそひそと話してた。

そこへ同じクラスのT君がやってきた。
彼は自分より強い男子にはへこへこし、気弱な男子や女子にはいばるので、
あまり好かれるタイプではなかった。
私もМちゃんもさぼっている手前、隠れて(もともと隠れてるけど)静かにしていると
TはクラスのAちゃんのカバンを漁りはじめた。
驚いて二人とも声が出なかったが、彼がカバンから財布を出したところで
本気でてんぱってしまい「泥棒…?」と口に出してしまった。

気づいたTは焦ったようだったが、私達を見るとちょろいと思ったらしい。
「先生には言うなよ!」といって財布を戻し、教室から出て行った。
先生には言わなかった。私は犯罪を身近で見てしまって固まってしまっていた。
しかしМちゃんが「財布は戻したけど、他にも盗られてるかも!Aちゃんに知らせなきゃ」
といって2人で走って校庭へ。
そしてクラスのみんなと一緒にいるAちゃんに事の次第を話した。
クラス全員で教室へ、そこに来るT、「話すなっていったろ!」思いっきり自白してる。
Мちゃんは「先生には言ってない!」と言い返した。
その後は、騒ぎを聞きつけて先生が来るまで阿鼻叫喚でした。


一週間ほどしてAちゃんからお礼を言われました。
彼女の家は少し裕福で彼女自身もおっとりしてるせいか、たびたびTにたかられてたそうです。
新しい文房具を無理やり持っていかれたり、お菓子の代金を貸したきり返ってこなかったり。
金額も少ないし、親同士が知り合いでなあなあですませられてたけど、近頃は蹴られたり叩かれたりするようになってて怖かった。
今回の事で親も真剣に話をきいてくれるようになったそうです。

その後、Tはクラス全員から白い目で見られ、軽くぐれたけどヤンキーにも相手にしてもらえず
うちの中学にはクラス替えがないと知って暗く無口な人になり、高校受験に失敗した後は
どうなったか知りません。私とМちゃんは少しいやがらせをされたけど、クラスのみんながかばってくれてました。

数年後の同窓会で、私はМちゃんにみんなに言う事を怖くなかったか聞くと
Aちゃんの盗られたものが心配でそれどころじゃなかったと笑って言ってました。
さぼったことについては、先生にめちゃくちゃ叱られました。

元旦に茨城県の筑波山にある神社に初詣にいったんだ。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

323 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/26(月) 17:21:18 ID:+r+8PaHq
元旦に茨城県の筑波山にある神社に初詣にいったんだ。
門の手前から行列。厨房オス一匹がちょこまかと動き回ってた。
門から拝殿に行く間に、結構急な階段がある。そこにさしかかったとき、厨房の声がした。
その前から何かごちゃごちゃと早口でしゃべっていたんだが、うぜーし気にしないようにしてたんだ。
で、聞こえてきたのが、「盆には墓参りをしてクリスマスを祝って正月は神社に行って。全く変わった民族だ。」
要約するとこんな感じ。これにいろんな余計な言葉がくっついて、且つ早口。
うざすぎ。周囲で会話をしていた人たちもシーンとしてしまって、互いに顔を見合わせてげんなりした表情をしたり、苦笑したり。
でも厨房は話をやめない。多分独り言なんだろうけど。

そのとき、俺のすぐ後ろにいた人が口を開いた。
「ガキきもい。いい加減うぜー。」
大声じゃないけど周囲と厨房には十分聞こえる音量の独り言。よくぞ俺の心の叫びを代弁してくれたと思った。
後でチラ見したら、ちょっと怖めのあんちゃんだった。茨城ではこれでも普通なのかもしれんが。

祖母から聞いた話。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

299 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/26(月) 05:14:26 ID:r+RTrzv7
祖母から聞いた話。

うちの祖父母は、いつも夕方に二人で散歩する。
この間も散歩のついでに近所のスーパーで買い物したんだが、
帰宅途中、スクーターに乗った男に財布の入った祖母の鞄をひったくられ、祖母は咄嗟に鞄を守ろうとして転倒したらしい。
すると普通温厚な祖父が烈火の如く怒り、走り去ろうとする犯人に、買った蜂蜜の大瓶を投げ付けた。
蜂蜜の瓶は当たらなかったものの、瓶が飛んできた事にびびって犯人はスクーターごと転倒。
そこに祖父が追い付いて揉み合いになり、結局祖父が犯人を押さえ付けて祖母が警察を呼んだ。
警察が来た後、祖父は祖母に「大丈夫か、怪我してないか」としきりに確認したらしいんだが、
少し経つと祖父の指が変に腫れ上がり、病院行ったら骨折してたとか。

祖母は「大丈夫かって、アナタが大丈夫ですかって話よねえ。お金も大して入って無かったのに」と言ってたが、
祖父に話を聞くと
「いやあ、婆さんが転んだ時、金はともかく、あいつが婆さんに怪我させた!と思うとカッときて、ついつい追っかけちゃった」
と照れていた。
自分の祖父ながら、凄い87歳だと思った。

俺が高校3年秋、友人の家に逝ったときのこと。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

288 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/25(日) 16:32:26 ID:FpcAHL3n
俺が高校3年秋、友人の家に逝ったときのこと。
友人の彼女がきてた。ひとつ年下で小柄で妹系のかわいい感じのこだった。
俺は当時、彼女はいなくて2人がとても羨ましかった。
学校帰りだったため彼女はセーラー服だった。

3人でしばらく話をしていたが話のネタが無くなり暇になってきたので俺は友人の部屋
を物色し2人から離れた。
それでも同じ部屋にいるのだが、友人とその彼女はその隙にベッドの中にもぐり込みキス
をしたり、抱きあったり、互いに触りあったりしているようだった。
まだ童貞だった俺にはそれだけでとてつもない興奮を覚えた。
「はぁ はぁ」と時折彼女の押し殺したような声が聞こえた。
布団越しだが目の前で男と女が抱き合い、キスをし、憧れの場所に触れていると
考えただけで鬼勃起した。
純情な俺は見てはいけないと思い、居た堪れなくなり心を落ち着かせようとベランダに出た。
その時まさか俺の前でセックルまではしないだろうと思っていた。
5分位で心は落ち着いた。が、愚息は鬼のままだった。
そろそろ2人のいる部屋に戻ろうとガラス越しに部屋の中を見た。
その瞬間信じられない光景を目にした。
そのまさかだった。

彼女はセーラー服のスカートをめくり上げられ、パンティーを剥ぎ取られていた。
しかも友人はすでに彼女の中に挿っていた。
彼女は声が出ないように手で口を押さえていたが、友人は構わずゆっくりと腰を前後に動かしていた。
彼女は顔は上気し真っ赤になっていた。時折聞こえる彼女の「あはぁぁっ」という声に凄まじい
興奮を覚えた。

俺は何を思ったのか二人が最中である部屋のサッシに手をかけた。


その瞬間、彼女の視線が俺に注がれた。
俺も彼女の大きく見開かれ瞳に視線を向けた。
真っ赤な顔がさら赤くなった。
しかし友人は前後運動を止めない。
俺は構わずサッシを徐々にゆっくりと開けた。
さすがに友人は気づいたらしく布団で結合部分を覆い隠した。
すぐに友人は前後運動を再開した。

俺は部屋に入った。なぜか心は落ち着いている。

セックル中の友人と顔を見合わせた。
彼は照れているようである。が、彼はサディストなのか、俺に言った。
「いっしょにヤる?」
時間が止まった。
彼女の気持ちを確認しようと彼女の方を見るとビックリしたような顔だった。
が、次の瞬間笑顔に変わった。頬を桜色に染めたその笑顔は可愛かった。

いいのか?俺は思った。
しかし、友人はその直後に彼女の中で逝ってしまった。
俺は萎えた。そして断った。ザーメンまみれはごめんだった。

おわり

ダラダラと駄文すまん。

高校時代、友人のK子と一緒に学校から帰宅していたときのこと

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

256 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/24(土) 03:06:52 ID:RsEClE0a
高校時代、友人のK子と一緒に学校から帰宅していたときのこと
細い路地に入って歩いていたら男が物陰からこちらに向かって飛び出してきた
下半身に何も身に着けていなかった
次の瞬間、男はK子に傘で顔を中心にボコボコに殴られていた。
喚きながら男は逃げていった。
あっという間の出来事で、情けないことに自分は頭が真っ白になって動けなかった。

自分のビニール傘が盗まれていたK子は、その日はたまたま祖父の傘を使っていたそうだ。
持つところが木とガラスの装飾?でできた鷲の頭がごついやつだった
後で見せてもらったが、あれで力いっぱい殴られたら痛いだろうと思う。

この出来事以来、なるべく丈夫そうな傘を選ぶようになってしまった。


K子も私も喧嘩とか物騒なことに全く縁が無かったけれど、
ハンドボール部だったので腕力と握力が強かったのが幸いしたのかもしれませんね。
今でも思い出す度に自分の役立たずさにorzってなります

あ、K子のお爺さんは悪の組織の首領なんかじゃないですよw
ピアノがすごく上手くて優しい方でした。
手先が器用で、よくリンゴの皮を長~く剥いてくれました。
もう亡くなってしまいましたが。
傘もあのお爺さんが手にしたら、さぞ格好良かっただろうと思います

猥褻注意。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

206 名前: おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日: 2009/01/23(金) 14:32:46 ID:FBhGT+qi
猥褻注意。

冬の早朝五時半に私は自宅マンションから程近い月極駐車場の車内にいました。
犬を飼っていながらスモーカーで、部屋で吸うと犬に迷惑、ベランダで吸うと近隣に迷惑になると、
早朝の車内でたばこ吸いつつマッタリすることが日課になっていたからです。
歌舞伎町徒歩圏内という土地柄、そんな時間でもいつも少しの人通りはありました。

その日、私の車の前を水商売風の女性が通りました。
たまにマンションで挨拶する女性です。お勤め帰りでしょう。
近隣住民への迷惑を考え、冬でもアイドリングストップがモットーの私の存在に気づかず女性は通り過ぎました。
女性は美しく、加えてコートの前は閉めていなかった為、巨乳が分かりました。
「おやおやお姉さん、・・・・なんか分からんけど気をつけてね」
と心の中で気安い心配をしていた直後、

お姉さんとは反対方向から男が歩いてきました。
お姉さんとすれ違う形で。
見るからに妙齢のろくでなし、この界隈によくいるタイプの男でした。
そしてその男、すれ違ったお姉さんを振り向いて何度も見ています。
「まあ目はいっちゃうよね、わかるよ。でもお姉さん気をつけて!」
と心の中で気安い心配をしていた直後、

男がダッシュで逆走し出したのです!お姉さんの方へ!
「なになに!?もしかしてヤバイ!」
と思った私は、しばらく固まった後、すぐ通報できるよう110番をプッシュした状態でマンション方向へ走りました。
するとやはり、やばい事は起きていました。


マンションのポーチ(?)付近で、お姉さんは男に後ろから抱かれていました。
私はそれを後ろから発見する形でした。
お姉さんはろくに声が出ていませんでした。
男の「大きいおっぱいしやがって」 というセリフがクリアに聞こえました。
服の下から手を入れておっぱいを揉んでいたようです。

私も声が出ませんでした。
そして無言で走って駆け寄り、とりあえず男の尻ポッケの財布を抜き取り、植え込みに投げ捨てました。
男は私に気づいて、お姉さんから離れようとしたかは分かりませんが、
服の下から入れている手が咄嗟に抜けなかったのか、隙アリでした。
チョッパーから急所を伝授されていた私は、携帯を握り締めた拳で横から男のあごを渾身の力で殴りました。
それで脳が揺れたかは分かりません。
そしてお姉さんから離れた男の股間目がけて前蹴りをくらわしました。
元女子サッカー部でしたが、渾身の力は出ませんでした。
しかし男、堪えたのか膝をつきました。

その後すぐ立ち直った男は走って逃げていきました。財布は拾わず。
お姉さんはその時何を考えていたのか分かりませんが、
大丈夫?通報しますよ?
と言っても枯れたような声で何喋ってるのか分からなかったから、
とりあえずマンションのエントランスで落ち着かせました。
敷地内の自販機で飲み物買って渡すと、お姉さんは落ち着いて話し出しました。


「被害届は出したくない。
 水商売をしていて、通報することで親や友人にそれが知れる事になるかもしれない。
 それだけは避けたい。」
といった内容でした。
実際今回最悪の事態にはならなかったし、このまま穏便に過ごしたい、と。
私は言いました。
「あいつ、絶対この辺の住人だよ?てことはまた狙われる可能性だってあるし、
 財布にはほら、免許証もキャッシュカードも入ってるし、捜査されてないって気づいたら絶対財布取り返しに来る。
 そしたら私だって危険な目に遭う!
 更に他の人も被害に遭う可能性だってあるのに、放置なんてできない。」

それでも女性は通報したくないという意見は変えませんでした。
私はだんだんイラついてきて、その場で110番通報しました。
お姉さんは ちょ、ちょっとちょっと といった感じで慌ててましたが観念した様子でした。
エントランスで警察を待つ間に、お姉さんからようやくお礼の言葉が出ました。
「ありがとう。自分の事しか考えてなくて、恥ずかしい。」 と。
 
2、3分で警察は到着しました。
その後なんやかんやあり、結果、犯人はソッコーで逮捕されました。
犯人の財布が手元にあったのが大きかった。
捕まったこの男、他にもたくさんの余罪があり、(暴行以外にも)
詳しくは特定を避ける為書きませんが、ぞっとする経歴のある男でした。
殺されなくてよかった。

大声出して通報というのが最良パターンだったという後悔と、
お姉さんはありがた迷惑っぽかったので、自分自身あまりスーッとしてないのに
長文で重ね重ねすみません。GJください。





女です。

三行に添削お願いします。


厚かましいですが、GJもください。

使えるようになったんだって>苺

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

183 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/22(木) 21:42:32 ID:vn+3miBT
755 :おさかなくわえた名無しさん :2009/01/22(木) 04:26:43 ID:LfoMvefg
使えるようになったんだって>苺
妊娠中の知人が「使えるようになったんで女の子だったら
子供の名前に入れようと思って~☆」って言ってた。
…「年取ったら苺ばあちゃんか」と呟いたら時が止まった。
言わずにいられなかった。後悔はしていない。
リアルでDQNネームをつけようとする人に会ったのが結構な衝撃でした。

------------
スーッとした

武勇伝とは程遠いんだけど大学のとあるサークル部員で俺含めて男三女一人でファミレ

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

169 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/22(木) 19:02:59 ID:/lNi+4Hf
武勇伝とは程遠いんだけど大学のとあるサークル部員で俺含めて男三女一人でファミレスに入った。
内輪でちょっと面倒な話し抱えていたんでみんな困ったなあ~というしかめっ面で。
コーヒーとカレーで粘ったけど話しはじめてもう一時間になるからそろそろ結論出して解散しようと時、
となりの四人がけのボックスに家族連れがやってきた。
うだつの上がらない冴えない親父、普通の母、頭悪そうな小学生男子×2というメンツ。

こっちはそろそろ話しをまとめたいと思ってるのに隣でガキがうるせえうるせえ。
一人は店内走り回ってるしもう一人は席で意味不明な言語を発してやがる。
そしてそれを全く注意しないバカ親×2という実にデリシャスな組み合わせ。
それでも俺らは子供のことだしもうすぐ帰るからと思って我慢してたんだよ。
するととなりのガキが俺らの席に乱入してきて手持ちのロボットみたいなおもちゃで遊びやがる。
このクソガキめ……と思ったらそれを帳消しにするグレートな発言が隣の親父から出た。
「これこれ止めなさい。怖~いお兄ちゃんに怒られちゃうよ?」

これで俺らのスイッチが同時にONになった。男三人で親父を外に連れ出し店の裏でた~っぷりとヤキを入れてやった。
親のおまえが怒るんだろうが!怖いお兄ちゃんって言ったんだから本当に怖い思いさせてやっか!?オルァ!!等々。
暴力こそ振るわなかったものの三人とも悪役モードで言葉の機関銃を浴びせてやった。
最後の方は親父が平謝りだったので許してやった。何事もなかったかのように店内に戻る俺ら男三人と親父。
そして今度は隣の親父を知り合いのオジサンに見立てて俺ら四人で馴れ馴れしくして、
アザーッス!ごちそうさまでーす!おじさんまたね!バイバーイ!等と言って親父に俺らの分を払わせた。

とはいえこのまま帰るのもなんかキレが悪い。
さっきの飯代浮いたんだからもう一件行って話しの続きをしようということになった。
まあおかげでその店で学園祭の配役の結論が出たんだけどね。
演劇部なめんなwww

狭くもない普通の歩道をしばらく歩いていて、

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

101 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/19(月) 15:14:29 ID:4uRrL0QP
狭くもない普通の歩道をしばらく歩いていて、
前から来る人が全然避ける気が無いのが地味にムカついていた。
このままでは明らかに腕がぶつかるけど、俺の方は塀があるので避けられない。
相手が少し避けてくれればスムーズに通れるのに避けてくれない。

何度か続いたので俺は静かに切れた。
「次に来る奴がどんな奴でも絶対に避けねぇ!チンピラでもヤクザでも避けねぇ!」
次に俺の前に現れたのは優しい顔をしたおばあさんだった。
一瞬怯んだが心を鬼にして俺は直進した。
するとおばあさんはにこやかな顔のままスッと避けてくれた。

俺は猛烈に自分を恥じた。
「何だ俺は。人に道を譲ったら負けか?プライドが傷つくのか?」
「くだらねぇ最低の人間だ。俺は、俺はあのおばあさんのような人間になりたい」
その日から俺は道を譲りまくってイラつかなくなった。

ただ、世の中には少数だが「譲る派」が存在するので、
不意打ちのような状態で遭遇すると左右のフェイント合戦になってしまう。
その時が最高にムカつく。

流れ読まずに投下。今日の昼間の話だ。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

88 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/18(日) 22:05:46 ID:sGhbP1jM
流れ読まずに投下。今日の昼間の話だ。
武勇伝とは言うには少々物足りないかもしれんが、ご容赦願いたい。

大学3年の自分はいま学校の近くの小さな2階建てアパートの
1階の部屋を根城にしているのだが…


ピンポーン
自分「どちら様ですか?」
???「引越しのご挨拶です」

ガチャ
自分「はい?」
???「あ、どーも。上の階に引っ越してきたものです。よろしくお願いします。」
自分「…あぁ。それはご親切に。」
???「医科大の学生さんですか?」
自分「まぁ、一応大学生です(医科大…?)」
???「実は私、新聞の勧誘の仕事やってまして…」

要約すると、
?「ご近所のよしみで新聞を取ってくれ」
?「あと取ってないのはこの部屋だけ」
?「アパート全戸が契約すれば他所の新聞勧誘員を出入り禁止にできる」
というような、典型的な勧誘文句だった。

普通に「要りません」で通そうかとも思ったけど、
以前それでも大分粘られた事があったので、今回は少しやり方を変えることにした。





自分「ちょっと待って下さい。貴方、このアパートの2階に引っ越してきたんですよね?」
勧誘員「えぇ、そうです。」
自分「おかしいなぁ。いま2階の部屋は全部埋まってる筈ですが。」
勧誘員「あ、えっとその…正確には新年度から入居する事になってまして」
自分「普通『引っ越しの挨拶』って、実際に入居してからするものだと思うんですが?」
勧誘員「…あー…」
自分「それから貴方、さっき私に『医科大の学生さんですか?』って訊きましたよね?」
勧誘員「はい。」
自分「このアパートはそもそも○○大の関係者以外は入居できないんです。」
勧誘員「え…」

自分「でも貴方はわざわざ『医科大の』と仰いましたよね?
    このアパートに入居する人なら、学生かどうかはともかくとしても、
    ここの住人が皆少なくとも○○大の関係者である事は知ってますよ。」
勧誘員「………」
自分「それに、確かに医学部もありますが、○○大を『医科大』と呼ぶ人はいません。
    『○○大学』は『○○医科大』なんて名前ではないし、まして大学関係者ならそんな呼び方はしません。」
勧誘員「………」
自分「貴方、本当にここに引っ越してきたんですが?」
勧誘員「…すみません…」
自分「新聞は要りません。どうぞお引取り下さい。」
バタン


逆切れされるかとも思ったけど、案外大人しく済んでちょっと拍子抜け。
ちなみに具体的にどこの新聞社だかは名乗らなかった。

5年前くらいに修学旅行で広島にいったときの話

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(74)より

33 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/17(土) 23:19:37 ID:2i0jq5On
5年前くらいに修学旅行で広島にいったときの話
まぁ、定石どおりに原爆ドーム→平和資料館って流れ
んで友達と一緒に回ってたら、チャラ男が二人入館してきた
「ちょwwww皮膚だだれてるwwwww」「うわwwwグロwww」
とかハイテンションで騒いでるわけ
周りの人とかもかなり迷惑して、俺も一発いてこましたろかと思った
しかし小心者の俺はパンフレットの電話番号を暗唱することしか出来なかった

そこへ係員のおっちゃん登場、と同時にチャラ男の1人に殴りかかってた
もう度が過ぎて我慢できなかったらしい、そして一喝
「おまえらみたいなやつはここに入る資格はねぇんだっ!!
家に帰ってピコピコでもしてろっ!!」
と入場料50円*2を投げつけ退館させた
周りからは拍手があふれた


>>34
本当は無料にしたいだそうだが、維持費とかでそうもいけないらしい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。